専門職を目指すなら!お勧め医療資格

心のケアをしてくれる臨床心理士

臨床心理士という医療の資格は別名をカウンセラーとかサイコセラピストと呼ばれており、精神科医や神経科医と連携しながら投薬を行うことなく患者さんの精神状態を元に戻すようにするのが目的の仕事です。
心理学の分野では民間の医療の資格を持つ人がたくさん活躍されていますが臨床心理士は国家資格になります。
近年の情報化社会によって色々な情報が過ぎ行く中でたくさんの間違った情報や社会問題もあり、精神を病む人が少なくない世の中になってきてしまっているのです。
そのような人達のためにも需要は多いのです。
国内では心理カウンセラーなどのような公的資格を持つ人はたくさんいますが、国家資格として精神をサポートする仕事はなかなかありません。
そのためにも臨床心理士の存在の大きさがいま注目されているのです。
臨床心理士として働くには、まず受験に合格しなければいけません。
受験内容は1次試験と2次試験に分かれています。
まず1次試験についてですが、臨床心理士として必要な臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助やそれらの研究調査などの基礎知識と技能、そして論文になります。
そして無事に1次試験を突破した人だけが2次試験に進むことが出来るのです。
2次試験では心理臨床に関することを口述面接試験をします。
受験資格についてですが、この試験も誰でも受けれるものではありません。
指定大学院修了者など受験出来る資格がある人が決まっていますので事前にチェックをする必要があります。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.