専門職を目指すなら!お勧め医療資格

色々な分野で活躍される保健師について

保健師という医療の資格について、聞いたことがある人は一体どれだけいるでしょうか?
保健師はあまり耳慣れない言葉かもしれません。
保健師という医療の資格を持つ人が一番活躍されている場所は、小学校や中学校などの学校の保健室にいる先生や大きな会社の保健センターにいる白衣をきているような人のことを想像したらだいたい当てはまると思います。
つまりは私たちが学校でよく見ていた保健室の先生が保健師さんなのです。
保健師の受験資格には看護師国家試験に合格したもので、かついずれかに該当するものです。
文部科学省や厚生労働省で定める基準に適合するものとして文部科学大臣の指定した学校に6月以上保健師になるために必要な学科を修めたもの。
文部科学省や厚生労働省が定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業しているもの。
外国の保健師学校を卒業した後に保健師免許を得たものであり厚生労働大臣が定めたものとされています。
上記の説明によると保健師になるにはまず看護師としての資格を持っていなければいけないのです。
そのため保健師になるためには、まず看護師としての資格を取った上で次のステップとして資格が必要になってきます。
保健師の医療の資格を持っておけば、保健センターなどで生活習慣病のアドバイスができたりします。
保健センターなどでは健康診断が行なわれていたりするので、健康管理や体調管理に関心がある人には最適な働き場所なのです。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.