専門職を目指すなら!お勧め医療資格

臨床検査技師を取る

臨床検査技師とは医師が患者に対して適切な診断や治療を行う時、患者から得られた検査の内容や情報を、元にして評価する必要があるから設けられた医療の資格のひとつであります。
検査情報の結果を元にして専門的な技術と知識をもつ職能集団のひとつに臨床検査技師の集団があるのです。
臨床検査技師の分野は大きくわけて6つの分野があります。
生物科学分析部門、生理機能検査部門、形態検査部門、感染制御部門、移植検査部門、総合管理部門とに分けられています。
それぞれ遺伝子レベルでの検体採取をして検査にかけたりします。
それでは臨床検査技師になるにはどうしたら良いのでしょうか。
臨床検査技師になるには、大学に入学することが出来るものであり、文部科学大臣が指定をした学校を出ているもの、あるいは厚生労働大臣が指定した臨床検査技師養成所において3年以上検査に必要となる知識や技能を習得したものなどに受験資格が与えられます。
試験内容については、医用工学概論、臨床検査医学総論、病理組織細胞学、臨床生理学、臨床科学などの項目を受験することになります。
また受験実施場所は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で実施されますので自分の住んでいる都道府県から近い場所に受験をしにいく必要があります。
臨床検査技師の資格がとれると病院や予防医学センター、臨床検査センター、衛生検査所、食品メーカーや製薬メーカーなどへの就職にも有利になります。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.