専門職を目指すなら!お勧め医療資格

歯の指導を行う歯科衛生士

日本国内において、お口の健康、歯の健康も守る医療の資格には歯科医師がいます。
歯科医師以外にもお口の健康を守る人がいます。
その医療の資格のひとつが歯科衛生士です。
歯科衛生士もお口の健康も守る資格を持つひとつです。
歯科衛生士は1948年に歯科衛生士法に基づいて厚生労働大臣認定の国家資格となっています。
歯科医師の指示のもとで歯科予防処置や歯科診療補助、健康指導などを行うことが出来ます。
単独で、治療や診療、レントゲンなどは行うことが出来ません。
これらの処置を行うには歯科医師の指示を仰ぐ必要があります。
歯科衛生士は年間7000人ほどの卒業生がいるが、離職率が高いのも問題視されている。
それは歯科医師が若手の歯科衛生士を雇用したがる傾向にあり、ある程度の経験を積んだ歯科衛生士を雇わない歯科医院があるからである。
これは歯科医師の意識レベルの問題であるが、医院やクリニックの顔として採用されることもあり若手の方が職場が華やかに見えると本気で勘違いをしている歯科医師もいるのです。
そのために、本来の腕や技術面で見るのではなくて、外見だけで採用されるケースもあり、このこともあって歯科衛生士の離職率の高さが浮き彫りになってきているのです。
歯科衛生士になるには、専門の課程を修了し、歯科衛生士国家試験に合格して初めて歯科衛生士となることが出来ます。
3年生の専門学校や短期大学に通う人が多いですが中には4年生大学や大学院まで進み口腔のことを隅々まで学ぶ人もいるほどです。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.