専門職を目指すなら!お勧め医療資格

出産の時のお手伝いは助産師

助産師は、出産時の健康指導や出産に向けてのお手伝い、介助などをする医療の資格です。
母子保健を専門に業務を行う専門家です。
昔は自然分娩を希望する人が多く助産師の仕事はひっきりなしにありましたが、最近では分娩をする人も少なくなり、またもしものことを考えて自然分娩よりも病院などのきちんとした施設で分娩を行いたいと思う人も多く、自宅出産などをする人も少なくなりました。
それでも助産師は子供をとりあげることが出来る専門の医療の資格ですから出産機能が充実した病院での勤務をされている方もたくさんいます。
助産師となるためには厚生労働省が管轄する助産師国家資格を取得する必要があります。
助産師国家試験には看護師や保健師などのように女性しか取ることが出来無い資格のひとつで助産師もまた女性しか取ることが出来無い資格のひとつになります。
助産師になるためには看護系の大学や専門学校を卒業してから1年間助産師としての勉強をして助産課程を修了し助産師国家試験に合格をして初めて助産師としての登録が行えるのです。
助産師資格は保健師助産師看護師法第3条に規定されており、厚生労働大臣の免許をうけて助産または妊婦、新生児の保健指導を行う女子とされています。
平成18年に保健助産師看護師法に追加されて、名称独占規定が設けられましたので、助産師も看護師も保健師もこれらの資格がない人はかわりの業務をすることが出来無い重要な役割を持つ医療の資格のひとつなのです。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.