専門職を目指すなら!お勧め医療資格

薬のスペシャリスト薬剤師

薬剤師という医療の資格をもつ人は薬のスペシャリストです。
薬剤師になるには薬剤師国家試験に合格しなければいけません。
ただし、この薬剤師試験は誰でも受験出来るわけではありません。
医者になるのと同じように薬の専門を学べる学校に行く必要があるのです。
大学の薬学部に6年間かよい、薬についての必要な知識を学びます。
必要な知識を学んだあとに薬学部国家試験に合格しなければいけないのです。
この薬学部は昔が4年生大学で4年間単位を履修すれば受験資格が得られました。
しかし平成18年の4月大学入学の者から薬学の正規課程の修了年限を6年とすることとされているので、大学でも6年間勉強をしなければいけなくなったのです。
現在薬学部の設置をしている大学は全国に74校あります。
そのうち国公立が14校、公立が3校、そして私立が57校です。
夜間や短期学部はありません。
薬学部国家試験の合格率はそれほど低くはありません。
だいたいコンスタントに合格率は70%前後になります。
しかし薬学部の場合試験を受ける受験資格を得るまでが大変なのです。
その道のりは医学部と同等の年月が必要になってきます。
薬学部卒業後薬剤師の資格を得ることができれば、医療の資格の中でも特に薬のスペシャリストとして企業に就職をしたり病院の調剤部に就職したり、薬局で働くことが出来ます。
病気になった時にだしてもらう薬の処方は薬剤師だけしか行うことは出来ません。
そのため医療の現場で薬剤師の存在はなくてはならない大切な医療の資格なのです。

Copyright (C)2018 専門職を目指すなら!お勧め医療資格 All Rights Reserved.